1分間スピーチ:近年増加しているピーターパン症候群とは?

スポンサーリンク

近年増加しているピーターパン症候群とは?

5A6A6FB8-21DF-4692-9684-6FB3868225F3.jpg

みなさんはピーターパン症候群という言葉を聞いたことありますか??

ピーターパン症候群とは「大人になりきれていない大人」のことであり、年齢でいえば明らかに「大人」であるのに、心や精神が「子ども」のような特徴を持った人のことをいいます。

(そうです。コナンの逆みたいな人です…)

ピーターパンを見たことがある方は想像つくとは思いますが、ピーターパンは「自己中」「無責任」「反抗的」「依存体質」「短気」といったまさに「子ども」といえるような性格をしています。

(同僚の顔が何人か浮かぶ方も多いかと思いますが…)

もちろん子供心を持つことは悪いことではありません。

所ジョージさんのような子供の遊び心を持つ大人に憧れる方も多いと思います。

ではどう見極めるのか。

子供心を持っている人とピーターパン症候群の人の違いは次の7つに当てはまるかどうかで判断するそうです。皆さんも自分が何個当てはまっているか数えてみてください。

⚫︎我慢をすることが出来ない。

⚫︎些細なことでもすぐに怒ってしまう。

⚫︎その場を乗り切るための嘘をついてしまう。

⚫︎自分を良く見せようと見栄を張る。

⚫︎物事をネガティブに考えることが多い。

⚫︎楽観主義で考えずに行動してしまう。

⚫︎寂しがりやで構って欲しい

いかがでしょうか?

ちなみに

私はほとんど当てはまってました(笑)

少しでも大人になれるように仕事頑張ります!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました