1分間スピーチ:患者が増加。気象病とは

スポンサーリンク

患者が増加。気象病とは

天気痛のイラスト

最近、気象病という症状で病院にいく患者が急増しているそうです。

気象病とは、雨が降ったら、頭痛がする。気持ち悪いと思ったら、低気圧が近づいてきた。

梅雨の時期に古傷が痛むなどなど天候によって引き起こされる症状です。

これは女性の方に多く見られ

気象病で悩む人は日本で約1000万人にも上る推定されています。

気象病の主な原因は、気圧の変化です。変化は急なほど症状が強くなります。

気圧が変化すると、人間の体はストレスを感じるため、それに抵抗しようとして自律神経が活性化されます。

この神経の調整がうまくいかないと、さまざまな体調不良の原因となってしまうのです。

予防としては耳のマッサージなどが推奨されています。

人間は耳で気圧の変化を感じとり

気象病の人は耳の血流が悪い傾向があると言われているからです。

天候というのは、様々な所に影響します。

人間の身体はもちろん、株価の動向、商品の売れ行き、お客の購買意欲。

日々の天気を確認し、それに合った話法や販売方法を身につけていくのも、売上に繋がるのではないかと思いました。

” 病気・病名”がテーマのスピーチネタまとめ

病院・医院の建物イラスト(医療)

完全無料の情報収集アプリ

現在の社会は「情報をどこから収集するか」が重要です。
スマートニュースでは”偏らない、バランスの取れた情報”を完全無料で見ることが出来ます。スマートニュースを利用して他の人とは違う視点でオリジナルのスピーチを作ってみましょう。

\ 全てのサービスが無料で使える! /

コメント

タイトルとURLをコピーしました