1分間スピーチ:スペイン語は学びやすい(例文付き)

スポンサーリンク

スペイン語は学びやすい

7C4AF5B9-C42A-47AD-A3E3-2115AF60879E.png

皆さんの中で、スペイン語を学習したことがある方はいらっしゃいますか。

残念ながら、日本ではスペイン語は馴染みが薄い外国語の一つだと思います。

しかし、実際に学習してみると、英語とはまた違った面白さがあります。例えば、スペイン語は、基本的にローマ字読みで良いんですね。「レストラン」という単語がありますが、あれをスペイン語で発音すると「レスタウランテ」となります。

まさに、そのままなんです。ですので、実は日本人が得意な言語、とも言われているんです。

また、意外と身近なところにスペイン語が潜んでいることもあります。中学校の社会科の授業で「エルニーニョ現象」という言葉を習った記憶がありますが、このエルニーニョは実はスペイン語で、「1人の男の子」という意味があります。

また、レストランやカフェで「カーサなんとか」というお店を見たことがあるでしょうか。このカーサもスペイン語でして、「なんとかの家」という意味なんです。

英語でハウスというところをスペイン語ではカーサというので、最初は少々混乱するかもしれませんが、このようにスペイン語は楽しい言語ですので、皆さん機会がありましたら、ぜひ勉強してみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました