1分間スピーチ:マインドマップでアイディアを実現

スポンサーリンク

マインドマップでアイディアを実現

72EDB362-510B-4983-B589-0139E9F3018C.jpg

漠然としたアイディアを形にするとき、または実行するとき。

皆さんはどうやって具体化していきますか?

先日、大谷選手の特集でも取り上げられていたのですが、漠然としたアイディアを実現へと導く為には、マインドマップという記述法が有効です。

マインドマップとは1970年代にイギリスのトニーブザンが考案したもので

皆さんも知らないうちに使用している方も多いと思います。

まずノートの中心にテーマ(目標)を書き、それに必要なもの、連想されるものを枝分かれのように記述していく方法です。

大谷選手が高校時代に行なっていたものを例にとってみると

テーマ(目標)を

ドラフト1位8球団と設定。

それを達成する為に

・体づくり

・160km

・変化球

・人間性

という大きな課題を書き

またそれから数珠つなぎで

160kmであれば、

体重を増やす。体幹強化。軸で回る

など細かな課題を書いていきます。

漠然とした ドラフト1位8球団 という目標がマインドマップ化することで具体化し、それを達成するまでのプロセスが明確に示されます。

ビジネスにおいても、有効的に使える手法で、何かに悩んだとき、こういった方法で、頭の中で考えているだけでは気付かない問題点が浮かんできます。

皆さんも是非使ってみて下さい。

”スポーツ”がテーマのスピーチネタまとめ

78B31658-422E-41EC-96FB-5109350C0310.png

ボールをスルーするサッカー選手のイラスト

953D615B-769E-4E29-9408-195BD1120B8B.jpg
剣道の黙想のイラスト(女性)

コメント

タイトルとURLをコピーしました