1分間スピーチ:読み返してみた夏目漱石の「心」(例文付き)

スポンサーリンク

読み返してみた夏目漱石の「心」

97272CFC-34BE-46DD-AF41-96C8E4905AA2.png


夏目漱石の「心」を読んだことがありますか。
学校の教科書でも取り上げられた文豪の純文学を味わう自然な流れもありましたが、青春真っ只中の人間関係や恋愛に苦悩する中学生の時期に題名に引かれて手に取り読みました。
読破した当時、今までにない衝撃を受け、いつまでも残った後味の悪い疑問に「大人になって読み返したら、きっと感じ方が違うだろう」と思いました。
時々気になって、「読んでみようか」と思っても「まだ早いような気がする」と思いとどまり時が過ぎていきましたが、その後忙しくなり、忘れ去っていました。
しかし、好きな作家や中学生の時期に読んだ「心」の話しをする機会を得たとき、刺激を受けた相手の方も「読んでみようかな」と言われ、「読むタイミングは今だ」と直感しました。
中学生の時期よりも深く詳細に読み込み込んでもやはりあの後味の悪い疑問が残りましたが、「読んでよかった」という気持ちでした。 ぜひ、読んでみてほしい書籍です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました