1分間スピーチ:「失笑」間違えやすい日本語

スポンサーリンク

「失笑」間違えやすい日本語

苦笑いをする男性のイラスト

最近、人前で喋る機会が増えてきて、言葉や言葉の使い方について勉強することが多くなりました。

実際に初めて聞く言葉もありますが

本来の言葉の意図とはまったく違う使われ方をしている言葉があります。

例えば…

誰かの一言で場が凍りついたり、人のことを蔑(さげす)んで笑うことを「失笑」という言葉で表現することがあると思います。

今ではあまり良い意味で使われることはない言葉ですが

本来の意味の「失笑」とは「おかしいことを堪えきれずに笑ってしまうこと、吹き出して笑うこと」など

面白くて絶えれない場面での良い意味で使われる言葉なのです。

(ちなみに人を蔑んで笑うことは「冷笑」と言うそうです)

このように普段何気なく使用している言葉でも、誤用している言葉は他にも沢山あります。

一社会人として最低限の常識をつける為に勉強することが必要だと思います。

そして、良い意味での「失笑」が絶えない職場作りに努めたいと思います。

”日本語”がテーマのスピーチネタまとめ

日本語学校のイラスト

コメント

タイトルとURLをコピーしました