1分間スピーチ:『星の王子さま』を読んで気付いたこと(例文付き) | 毎日更新!1分間スピーチの例文集

1分間スピーチ:『星の王子さま』を読んで気付いたこと(例文付き)

『星の王子さま』を読んで気付いたこと

題名は聞いたことがあるけれど、読んだことがなかった本に『星の王子さま』があります。

以前、何気なく読んだのですが、素晴らしい本だったので紹介します。

私がお話ししたい箇所は、王子さまが自分の星にあるバラとの関係に気付いたシーンです。

地球に降り立った王子さまはバラの群生を見つけ、特別な花だと思っていた自分のバラがありふれた存在だったと知り悲しくなります。

しかし、その後出会ったキツネとの会話により、自分の星のバラはありふれたものだけど、自分にとって唯一無二なのだと悟るのです。

このバラを日常生活に当てはめる時、多くは大切な人を思い浮かべるでしょう。しかし、仕事の場にもバラはあると私は思いました。仲間や相手方を一括りにするのではなく、それぞれを唯一無二だと思い、接することで、お互いにより良い信頼関係が築けるでしょう。

今回の発見をきっかけに様々な本を読んでみようと思いました。

”おすすめの本”がテーマのスピーチネタまとめ

付箋の貼られた本のイラスト

コメント

タイトルとURLをコピーしました