1分間スピーチ:「もしもし」は電話応対ではNG?

スポンサーリンク

「もしもし」は電話応対ではNG?

1C2DD2C5-4E55-453E-A17A-12A33374135D.jpg

電話をする際、「もしもし」と発する人は多いのではないでしょうか。

相手の応答が聞こえないときや第一声に「もしもし」から電話を始める方も時々見受けられます。

しかし、お客様対応をするコールセンターではNGワードとされてるケースが多いです。

私も以前コールセンターにて働いていた際に注意されたことがありました。

理由としては

「もしもし」とは元々「申し上げる」を短縮した略語になり、ビジネスでは略語を使うことは不向きな言葉であるからです。

電話応対はどの職種、職場でもしなければなりません。

言葉の使い方一つで会社の信用を失うこともありますし、出来ない営業マンと捉えられることがあります。

私も今一度、言葉遣いを改めて電話応対をしたいと思います。

”日本語”がテーマのスピーチネタまとめ

日本語学校のイラスト

コメント

タイトルとURLをコピーしました