1分間スピーチ:クレームをハインリッヒの法則から読み解く

クレームをハインリッヒの法則から読み解く

5C33179F-009B-49D9-A5D4-E581F17D9E45.png

1つの大きな事故の影には29の軽い事故が存在し、さらにその背景には300のヒヤリハット事案が存在する。

これは「ハインリッヒの法則」で労働災害を把握する上で用いられる法則です。

言われてみると確かに小さな見過ごしから大きな事故に繋がるケースはよくあります。

これを身近なところでクレームに置き換えてみると分かりやすいかもしれません。

1つのクレームの影にはいくつかのご意見や小さなクレームが存在し、さらにその背景には無数の“言葉にされない感情”が存在するとしたらどうでしょう。

お客様と接する時に対話のなかで感じた些細な気付きがクレーム防止に繋がる一歩のような気がします。

初めの話題から派生してあれもこれもと苦情の枝葉が広がるケースがまさにこのことだと感じます。

普段から目配りを行い“言葉にされないご要望”が汲み取れるようになれると良いですね。

【朝礼スピーチに便利なスマホアプリ!】

dmenuニュース 無料で読めるドコモが提供する安心信頼のニュースアプリ

ドコモが提供しているスマホアプリのdmenuニュース

・新型コロナウイルス
・経済や地域のニュース

様々なジャンルの最新のニュースを無料で閲覧できます。
特に1日を振り返るダイジェストタブが便利です。
(お店で使えるクーポンもあります)

タップするとアプリ取得画面にとびます

法則
スポンサーリンク
hamaをフォローする
毎日更新!1分間スピーチの例文集

コメント

タイトルとURLをコピーしました