1分間スピーチ:エスカレーターの利用方法、地域差の違い

スポンサーリンク

エスカレーターの利用方法、地域差の違い

E070C845-871F-4366-8D21-2A2ADEEC91AD.png

コロナウィルスの影響で在宅ワークが当たり前となり、駅などの人も以前に比べて少なくなりましたね。

エスカレーターの止まる側も並ばなくてよいケースが増えた気がします。

そんなエスカレーターですが地域によって止まって乗る側が右と左で違うのをご存知ですか?今回はそのお話を少ししたいと思います。

大阪(一部の関西地域)ではエスカレーターは左側を空けて乗ります。

その他の地域では基本的に歩く人のために空けるのは右側ですよね?ではなぜ大阪のみ左右が逆なのでしょうか?

これには1つ理由があると言われています。
それは大阪で昔行われた万博博覧会です。

大阪万博では数多くの外国人が大阪に訪れることになりました。海外ではエスカレーターは左側通行なのでそれに合わせて交通整理を行っていた流れが今の今まで残っていると言われているのです。

今後予定されている大阪万博。ウィルスに負けず開催できる世の中になるといいですね。

以上です。今日も一日頑張りましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました