1分間スピーチ:やる気スイッチの見つけ方(例文付き) | 毎日更新!1分間スピーチの例文集

1分間スピーチ:やる気スイッチの見つけ方(例文付き)

やる気スイッチの見つけ方

やる気がないからやらないままでいると、一生やる気が出ません。

行動を起こして初めて出てくるやる気の仕組みは、深くドーパミンが関係しています。

脳から分泌される神経伝達物質の1つドーパミンは、主に幸福感や意欲、快楽などを司っています。

何か行動を起こし目標を達成できたり、報酬を得られたりした結果、ドーパミンが分泌され幸福や快楽を感じると、「また感じたい」という意欲が湧き、再び行動ができるのです。

人が頑張れる、頑張っているのは、「ドーパミンを分泌したいため」と言っても過言ではありません。

ドーパミンを分泌するためには、朝起きられた、朝食を食べられた、出勤の準備をしたなど、低い目標を設定することが大切です。

多少極端なほんの些細な目標であっても、「達成できた」という満足感が得られれば、ドーパミンの分泌量が増えていきます。

気分転換も兼ねて、ドーパミンが分泌される運動したり、音楽を聴いたりする趣味を持つのもよいでしょう。

まず行動することがやる気を出すための第一歩であり、何か簡単な目標を持つことが大切です。

目標が達成され、「やってよかった」と感じられると、「また頑張ろう」という気持ちが湧いてきます。

何か大きな目標を達成したとき、美味しいものを食べるとか、ほしいものを買うなど、自分への報酬を決めておけば、幸福感が得られ大変でも頑張っていけるでしょう。

楽しいことばかりではない人生であっても、やる気を出すための活力を見い出していきたいものです。

”モチベーション”がテーマのスピーチネタまとめ

やる気のある大人のイラスト(男性)

貯めたポイントはアマギフ、PayPay、楽天ポイントなど好きな種類と交換できる

トクトクソリティア

ソリティアをクリアするとポイントがもらえる。
ソリティアで遊ぶならついでにポイントがもらえるほうがお得!

コメント

タイトルとURLをコピーしました