1分間スピーチ:空腹と仕事の生産性について

空腹と仕事の生産性について

3CC18BE2-AC44-4733-A4E9-5C0AC31B7C82.png

皆さんも出勤されてからお仕事を開始していかれると思いますが、10時、11時頃になるとお腹が空いてくると思います。

お腹の中にある「胃」は食べた物を2時間ほどで腸に送り出しているそうです。専門家によって見解は様々で、胃の中が空っぽであっても血糖値が下がっていなければ空腹ではないという意見や、脳が胃の中の状態によって空腹かを判断しているとの考えもあるそうです。

では、空腹と仕事の生産性に関係はあるのでしょうか。
人間の体の仕組みでは、①お腹が空く②お腹を満たすために獲物が取れるよう集中力が高まる、となっているそうです。
つまり、『空腹時の方が粘り強くなり集中力が上がるため生産性が上がる』という事らしいです。

空腹すぎるのも良くないですが少しお腹空いたぐらいが1番仕事が捗るタイミングなのかも知れませんので、皆さんも参考にしてみてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました