1分間スピーチ:どんな時でも、かもしれない運転を(例文付き)

スポンサーリンク

どんな時でも、かもしれない運転を

1B953D3D-DF67-46C7-B048-96DF32BE7950.png

運転免許証の更新に行き、そこで見たビデオ内容が少し意外に思ったことがあります。

自動車交通事故のほとんどが、速度20キロ以内の接触事故だそうです。

交通事故というと速度を結構出している車が起こすイメージがあったのですが実は日常的な交通事故は速度が遅い車が多いようです。

死亡事故は速度を出している車が多いですが、20キロ以下は怪我程度で済んでいることも分かりました。

どういった場面でそのような事故が起きるのだと予想しました。

例えば停止線を守らず、はみ出したときに自動車だけでなく自転車や歩行者と接触することが考えられます。

他にも団地内での子供の飛び出しもそうです。

運転手は速度を落として走っているため滅多に事故は起こらないと思いがちですが、特にお年寄りや子供は予測がつかない動きをすることがあります。
自転車も、いきなり死角から現れることもあり、思わず冷や汗な場面もたくさんあります。

どんな状況、速度でも、「かもしれない運転」を意識し、交通事故を減らしていきたいものです。

”交通安全”がテーマのスピーチネタまとめ

緑のおばさんのイラスト(私服)

完全無料の情報収集アプリ

現在の社会は「情報をどこから収集するか」が重要です。
スマートニュースでは”偏らない、バランスの取れた情報”を完全無料で見ることが出来ます。スマートニュースを利用して他の人とは違う視点でオリジナルのスピーチを作ってみましょう。

\ 全てのサービスが無料で使える! /

コメント

タイトルとURLをコピーしました